Home XML/FrameMaker FileMaker SI会社様へ 事例ご紹介 企業情報 お問い合わせ Twitter
◎FileMakerプラットフォームを利用したソリューションプロダクトのご紹介

弊社でプロダクト化している、FileMakerプラットフォームを利用したソリューションをいくつかご紹介します。
詳しくは、お気軽にお問い合わせ下さい。

◎レガシィ資産リフォーム&付加バリューサービス

弊社ではこれまでの経験上、FileMakerプラットフォームによるシステムを運用しているお客様の中には、以下のようなお悩みをお持ちの方が少なくないことを把握しています。

  • 数世代前の古いバージョンのFileMakerで実装されているため最新バージョンを導入したいが、互換性の問題で実施に踏み切れない。
  • 社内のシステム担当が試行錯誤で開発したシステムを運用しているが、陳腐化が激しいため機能拡張したい。ところが、その担当者が異動してしまい、システムの作りがわかっている人材がいない
  • 試行錯誤による機能拡張を繰り返した結果、データ項目、リレーションシップ、スクリプト、画面構成のいずれも複雑化してしまい、手がつけられない

このようなお悩みの解決には、弊社の「レガシィ資産リフォーム&付加バリューサービス」が最適です。
陳腐化しレガシィ資産と化したシステムを有効活用する「リフォーム」という手段でシステム再構築のコストを抑制するとともに、最新の業務ロジック・業務フローを最適な形で網羅した機能改善をご提案いたします。

最新バージョンへの移行を完全サポート
数世代前の古いバージョンであっても、データ、スクリプト、画面・レポートフォームなどの全てのオブジェクトを保全し、最新バージョンへ移行します。
機能把握はシステム内部の分析から
システムの機能を把握されている方がいなくても、仕様書等のドキュメントが存在しなくても、ご心配はいりません。
FileMakerファイルの内容を分析してシステムの機能を把握するとともに、潜在している問題点や冗長な機能を洗い出します。
全体最適な機能改善提案を
洗い出した問題点の解決とお客様の機能拡張要望を勘案し、開発コスト、運用、次期拡張等まで考慮した、全体最適な機能改善案をご提案いたします。

↑ ページ先頭へ

◎Web公開トータルサービス

お客様ご自身で手軽にシステム構築が可能であること。これがFileMakerプラットフォームによるシステムの大きなメリットです。
しかしながら、システムのWeb公開、特に自由なデザインが魅力のカスタムWeb公開はハードルが高い、とお考えのお客様は少なくありません(*1)

弊社の「Web公開トータルサービス」なら、Web公開に係る全ての作業を請け負い、お客様へ高いベネフィットをご提供いたします。

Web公開方式の最適提案

Web公開の方式には、手軽で低コストながら制約が多い「インスタントWeb公開」と、ある程度の経験とスキルが求められる反面、自由なデザインが魅力の「PHP Web公開」および「XSLT Web公開」の3つがあります(*1)

インスタントWeb公開であってもある程度自由な画面デザインは可能な一方、PHP Web公開やXSLT Web公開でなければ実現できない機能もございます。
Web公開トータルサービスでは、お客様の機能面やデザイン面でのご要望、ご予算、費用対効果などを勘案し、最適な公開方式をご提案いたします。

なお、PHPおよびXSLTは、弊社のコア技術の中でも極めて得意な分野ですから、安心しておまかせいただけます。

安心のセキュリティ
Web公開においての重要検討事項としてセキュリティの保全があります。
Web公開トータルサービスでは、アクセス権制御、ファイヤウォール、SSL、VPNなど、システム要件に応じた過不足のないセキュリティ保全対策をご提案いたします。
JavaやPHPとの連携も視野に
弊社は、Java ServletやPHPによるWebシステムの構築経験も豊富です。
従って、全てをFileMakerプラットフォームに拘るのではなく、お客様のメリットを十分に考慮した柔軟なご提案をいたします。

(*1)「PHP Web公開」はFileMaker Server 9で追加された新機能で、それ以前は「XSLT Web公開」を「カスタムWeb公開」と称していました。なお、「PHP Web公開」および「XSLT Web公開」にはFileMaker Serverが必須です。また、「PHP Web公開」にはFileMaker Server 9以降が必須です。

↑ ページ先頭へ

◎スタンダードシステム構築サービス

もちろん、新規のシステム構築においても、FileMakerプラットフォームの採用は有力な選択肢です。

弊社の「スタンダードシステム構築サービス」では、お客様のご要望、システム規模、ご予算、将来展望、費用対効果などを勘案し、高い必然性のもとでFileMakerプラットフォームの採用をご提案いたします。

以下に、FileMakerプラットフォーム採用の基準を示します。

  • システム規模を指標として考えると、利用ユーザ数が数名〜200名程度まで、アクティビティの高いデータのレコード数が数万〜数10万レコード程度まで、といった中小規模システムであることが基準と考えられます。
  • エントリしなければならないデータ項目が大量であり、集計レポートの種類が多いケースには、有力な選択肢となります。
  • 低予算、短納期なケースにおいては、有力な選択肢となります。
  • システム構築後の軽微なカスタマイズをお客様自身で行う運用を想定されているケースにおいては、有力な選択肢となります。
  • クライアントPCにMacintoshが多い環境、特にWindowsとMacintoshが混在し、両方で同じシステムを操作する環境においては、有力な選択肢となります。

↑ ページ先頭へ

Copyright © 2002-2018 Asahi Project, Inc. All rights reserved.

HomeXML/FrameMakerFileMakerSI会社様へ事例ご紹介企業情報お問い合わせサイトマップ

Twitter

◇当サイトのコンテンツ内に記載している企業名、製品名、ブランド名、ロゴマークなどは、一般に各社の商標または登録商標です。
◇当サイトの全てのコンテンツ(記事・情報・画像・プログラム等)の無断複写・転載を禁じます。