Home XML/FrameMaker FileMaker SI会社様へ 事例ご紹介 企業情報 お問い合わせ Twitter
大量ページのマニュアル等ビジネス文書執筆シーンにおける定番ソフトといえばAdobe FrameMaker。自動車業界や家電業界などで強みを発揮しています。
そのFrameMakerで作成した文書を、FrameMaker上の簡単な操作で、電子書籍の標準フォーマットEPUBにコンバージョン。話題のデバイスiPadでの閲覧が実現できます。

発売以来、快進撃を続けるiPad。続々登場するアプリケーションにより、その存在感はますます強まっています。
そして、iPadが火をつけた電子書籍のムーブメント。
関連イベントの盛況、大手印刷会社のネット書店進出など、出版業界は新しいメディアiPadの登場による電子書籍普及の期待を好材料として活況を呈し、2010年が「電子書籍元年」と位置づけられていることは周知の通りです。

そこで、ユーザガイドやテクニカルマニュアルなど「マニュアル文書の電子書籍化」というニーズを喚起すべく開発した製品が「EPUB Converter for FrameMaker」。FrameMakerで作成した文書を、FrameMaker上の簡単な操作で、電子書籍の標準フォーマットEPUBにコンバージョンします。

省スペースやポータビリティ、容易なタッチ操作といった特徴を持つiPadが大いに活躍するであろう整備現場やカスタマサービスなどのシーンにおいて、電子書籍化されたマニュアルをiPadで閲覧する、という理想的な運用が実現できます。

Adobe Readerをダウンロード

PDF版リーフレットをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のアイコンからダウンロードしてください。


↑ ページ先頭へ

◎EPUB Converter for FrameMaker の4つのポイント
なんと無料でご提供いたします!

EPUB Converter for FrameMakerは、無料でご提供いたします。
まずはダウンロードしていただき、その機能をぜひ体験して下さい。

FrameMakerのプラグインとして動作します

FrameMakerのプラグインとして容易にインストールできます。
コンバートは、対応文書を開いてカスタムメニューから指示するだけの簡単操作です。

2種類のDTD×2種類のスタイルに対応します

標準的なマニュアル文書をしっかりと表現できる文書構造(DTD)2種類(*)に対応し、更に2種類のスタイルを備えております(変換時に選択可能)ので、十分に「使える」アプリケーションとなっております。

(*) 「オリジナルマニュアル文書形式」と「JepaX準拠形式」の2種類。「EPUB Converter for FrameMaker の仕様・制限事項」もご参照下さい。

カスタマイズサービスでお客様ニーズに対応します

EPUB Converter for FrameMaker は、カスタマイズサービス(有償)をご利用いただくことで、真のお客様ニーズにきめ細かくお応えすることが可能な商品です。

  • 自社マニュアルのDTDおよびスタイルに対応させたい。
  • 大量文書をバッチ処理でコンバージョンしたい。
  • 文書管理システムとの連携など、エンタープライズソリューションに組み込みたい。

上記のようなご要望の他、どのようなことでもご相談に応じます。
お見積は無料。下記販売元まで、お気軽にお問合せ下さい。

【カスタマイズ販売・お見積・お問合せ】
株式会社コスモエナジー
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-15-1 南池袋光ビル4F
TEL: 03-3986-0048
FAX: 03-3986-5794
E-Mail: epub@cosmoenergy.co.jp

↑ ページ先頭へ

◎EPUBとは
  • EPUBはIDPF(International Digital Publishing Forum)が仕様策定し公開した電子書籍の標準フォーマットです。
  • GoogleのGoogle BooksやGoogle Editions、Internet ArchiveのBookServer構想、そして、Appleの電子書籍マーケットであるiBookStoreなど、 Google、Apple、Adobe、ソニー、B&Nといった電子出版関連事業を手掛ける各社が採用しています。
  • EPUBフォーマットは、コンテンツ部分にXHTMLのサブセットを、スタイル部分にCSSのサブセットを採用し、規定のフォルダ階層にパッケージング。全体をZIP圧縮しています。

↑ ページ先頭へ

◎EPUB Converter for FrameMaker の仕様・制限事項
EPUB Converter for FrameMakerにできること
  • EPUB Converterは、XMLを電子書籍フォーマットであるEPUB形式に変換するアプリケーションです。
    コンバータの内部構成は、フロントエンド部分とEPUBパッケージング部分とに完全に分離可能となっています。従って、フロントエンド部分の実装を切り替えることで、多種多様な入力ソースに対応することが可能な構造となっています。
  • 今回ご案内する「EPUB Converter for FrameMaker」は、このフロントエンド部分としてFrameMakerを利用した実装を装備しています。
動作環境・セットアップ
  • Windows系OS(XP、vista、7、Server 2003、Server 2008、の各エディション)で動作します。
  • 対応するFrameMakerのバージョンは、7.0/7.2/8.0です。
  • 作成されたEPUBファイルを閲覧するためには、iPadまたはSONY Reader、もしくはEPUB形式の電子文書を閲覧できる文書リーダが必要です。
  • FrameMakerの環境設定で、製品インターフェイスを「構造化FrameMaker」に設定してください。「構造化FrameMaker」にしていなければ、EPUBへコンバートする操作メニューが表示されません。
コンバート操作
  • サポートするDTD(文書構造定義)は「オリジナルマニュアル文書形式(*1)」と「JepaX準拠形式(*2)」の2種類のみで、どちらかに準拠した文書がコンバート可能です。サポート外のDTDに準拠する文書を変換した場合はエラーとなり、コンバート後のEPUBは生成されません。
  • コンバートしたいブックの中に含まれる構造化文書のみが、コンバート対象となります。指定のブックの中に含まれていた非構造化文書はコンバート対象外で、EPUB内へ取り込まれません。
  • コンバート対象文書内のボディページに含まれるメインフローの内容が、EPUB内へ取り込まれます。マスターページで設定する「ページヘッダ・フッタ」、「ページ背景画像」などは、取り込まれません。
  • EPUBファイルへコンバートされるのは文書内容(コンテンツ)のみです。
    文字サイズや行間隔といったレイアウト面のスタイルについては反映されず、コンバート時に選択したスタイルが適用されます。

(*1) 独自に定義した文書構造(DTD)で、標準的なマニュアル文書をしっかりと表現可能です。
(*2) 日本電子出版協会が策定した日本語電子書籍交換フォーマットJepaXに準拠したDTDです。

コンバートする文書の内容
  • FrameMakerでコンバート対象の構造化文書(ブック)を開き、カスタムメニューからEPUBへのコンバートを指定します。
  • コンバートの際、適用するスタイル(2種類から選択)とEPUB出力先フォルダが指定可能です。
EPUBファイルのサンプル

EPUBコンバータで作成されたEPUBファイルはiPadで以下のように見えます。

↑ ページ先頭へ

◎EPUB Converterを利用したソリューションの一例

EPUB Converterをドキュメント管理システムに組み込んで電子書籍版マニュアルをオンデマンドに配信するなど、EPUB Converterは様々なソリューションへ応用できると考えております。

以下にソリューションの一例をご紹介します。

ボリュームが巨大(数十GBありiPadに収納できない)な大型機械の整備マニュアルなどをクラウド上でXMLとして管理。整備現場ではiPadから必要なセクションのみをリクエストし、XMLフラグメントをオンデマンドにEPUBとして配信。
更に、整備に関するナレッジ情報もiPadからのリクエストでオンデマンドに取り出せる。
主な特長
  • iPad上のUIでマニュアル構造を確認し、必要な箇所だけを切り出すことができるため、容量制限のあるiPadに収納することができる。数十MB程度であれば3G回線でも実用に耐えうる。
  • 電子書籍のメリットである省スペース、検索性の良さ、マーカ付与やメモ記入などの機能をiPadの優れたユーザインタフェイス(タッチ操作)で享受できる。
  • クラウド上でのデータ管理を、固定された電子書籍としてではなくXML管理とすることで、ナレッジなどの付加情報を加えたり、複数のマニュアルから関連箇所をマージしたり、といったフレキシブルな情報提供が可能になる。
  • マニュアル配信のほか、例えば代理店チャネル営業を行っているお客様における代理店への販促・営業ツール(カタログ、パンフ、事例集など)配信に利用、といった展開も考えられる。

↑ ページ先頭へ

◎お気軽にお問い合わせ下さい

EPUB Converter for FrameMakerについてのご質問、ご要望、カスタマイズのご要望・お見積依頼、その他どのようなことでも、下記販売元までお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話、メール、お待ちしております。

【カスタマイズ販売・お見積・お問合せ】
株式会社コスモエナジー
〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-15-1 南池袋光ビル4F
TEL: 03-3986-0048
FAX: 03-3986-5794
E-Mail: epub@cosmoenergy.co.jp

↑ ページ先頭へ

Copyright © 2002-2016 Asahi Project, Inc. All rights reserved.

HomeXML/FrameMakerFileMakerSI会社様へ事例ご紹介企業情報お問い合わせサイトマップ

Twitter

◇当サイトのコンテンツ内に記載している企業名、製品名、ブランド名、ロゴマークなどは、一般に各社の商標または登録商標です。
◇当サイトの全てのコンテンツ(記事・情報・画像・プログラム等)の無断複写・転載を禁じます。